2018年、西武ライオンズは埼玉・所沢の地に誕生して40周年、チームとして40シーズン目を迎えます。
 また、株式会社KADOKAWAは所沢市東所沢(旧所沢浄化センター跡地)にて文化コンプレックス (複合施設)「ところざわサクラタウン」を2020年4月竣工後、順次オープンする予定です。
 このたび、株式会社西武ライオンズと株式会社KADOKAWA両社がもっと「所沢」を盛り上げようという想いが重なり、2018年4月7日(土)に、フリーマガジン「埼玉西武ライオンズ Ball Park(ボールパーク)Walker」を発刊する運びとなりました。  本冊子では、お出かけ情報やエリア情報を強みとするWalkerブランドを通して、埼玉西武ライオンズやメットライフドームとその周辺の魅力を伝えます。お出かけ先の一つの選択肢として、特に女性やファミリー層を中心に、野球観戦だけでないボールパークの楽しみ方を訴求します。

 記念すべき第1号は、埼玉西武ライオンズファンであるSKE48の惣田紗莉渚とボールパーク初心者の松本慈子を表紙に迎え、「メットライフドームで春遊び」をテーマにボールパークのトリセツ(取扱説明書)や楽しみ方、スタジアムグルメ情報などを中心に展開します。

 40周年記念事業として球団が掲げている、メットライフドームの「ボールパーク化」を本誌を通しても後押ししていきます。

(書誌情報) 「埼玉西武ライオンズ Ball Park(ボールパーク)Walker」
(2018年春号・For Girls)
発行日:2018 年 4 月7 日(土)
版型:A4
発行部数:66,000部
配布箇所:西武線駅のラックなど
発行:株式会社西武ライオンズ
編集・制作:株式会社KADOKAWA

※2号目はファミリー向けに夏休み号を7月頃発行予定です


■メットライフドームの「ボールパーク化」とは
 自然豊かな周辺環境と、世界的にも珍しい半ドームという特性を活かし、屋根の外側の広がりを有効に活用することで、解放感に満ち溢れ、四季折々の風情が楽しめる球場を追求します。現在、バックネット裏には、主に法人のお客さまに年間席として利用いただいているボックスシートがあります。その地下部分を掘り下げ、フィールドを見渡せる12球団最大級(約1,000平米、収容人員約430名)のネット裏VIPラウンジを新設します。
 また、一方では、若獅子寮、室内練習場、西武第二球場など選手の育成環境面についても施設を刷新します。西武第二球場は観客席の設置や練習グラウンドを拡充し、新たな室内練習場はブルペン、バッティングゲージなど十分な練習環境を用意します。また併設する若獅子寮も新設し、若い選手たちには朝起きて、寝るまで野球に集中できる環境を提供します。 ■「ところざわサクラタウン」とは
 KADOKAWAと所沢市が共同プロジェクトとして取り組んでいる、文化と自然が共生した「住んでみたい」「誰もが訪れたい」地域づくりを進める「COOL JAPAN FOREST(クールジャパンフォレスト)構想」。「ところざわサクラタウン」は、最先端の産業・文化を生み出し、世界に向けて発信する「COOL JAPAN FOREST 構想」の拠点施設です。
 KADOKAWAが建設・運営する製造・物流施設と文化コンプレックスを中心に、ショップ、カフェ、イベントスペース、ホテル、オフィスなども付加した施設を展開。日本最大級のポップカルチャーの発信拠点として、2020年の開業を予定しています。
 
 俳優の松重豊さんが主演する、深夜の人気ドラマ『孤独のグルメ』。その新章となる『孤独のグルメSeason7』がテレビ東京系で4月6日(金)より放送を開始します。スタートから6年。深夜ドラマとしては異例の7シーズン目に突入したこの人気番組の秘訣とは何か――。  東京ウォーカーの“リア充特集”に疲れ、昨年12月に全国のおひとりさまを応援するために刊行した『おひとりさま専用Walker』編集担当の中村茉依が、さらなる「孤独」の極意を求め、『孤独のグルメ』の撮影現場に潜入。松重豊さんへのインタビューを始め、制作裏話、松重さん流の“ひとりメシの楽しみ方”、さらには番組で放送した井之頭五郎が食したメニューなどを徹底レポートします。  記事は日本最大級のおでかけサイト「ウォーカープラス」にて、4月5日から短期集中連載の形でスタートいたします。
 配信予定は下記の日時を予定しております。

第1回 4月5日配信 ●https://news.walkerplus.com/article/142437/
第2回 4月6日配信 ●https://news.walkerplus.com/article/142665/
第3回 4月12日配信 ●https://news.walkerplus.com/article/142666/ 
第4回 4月13日配信 ●https://news.walkerplus.com/article/142667/
※第1回、3回は午前11:00、第2回、4回は「孤独のグルメ」放送後に公開いたします。
(配信時間は変更になる場合がございます)

 おひとりさまを応援するために、さらなるグルメの極致を追い求め(?)スタートする、『孤独のグルメSeason7』×『おひとりさま専用Walker』コラボ企画。『孤独のグルメSeason7』と『おひとりさま専用Walker』と共にぜひお楽しみください。

 (『孤独のグルメSeason7』公式サイト)
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume7/news/?trgt=2018.02.28,1 (ムック情報) 『おひとりさま専用Walker』
定価(本体900円+税)
発行:株式会社KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321709000263/

(関連サイト)
★全国のイベント&おでかけスポット情報|ウォーカープラス
http://www.walkerplus.com/

 

 

 2016年に、新たな日産スタジアムの名物を作りたいとの思いから誕生した「日産スタジアム炒飯弁当」が、横浜F・マリノス戦を盛り上げるべく、さらにパワーアップして登場いたします。

 人気の炒飯をメインに、横浜F・マリノスの選手が選んだ中華風のおかずを盛り込んだ内容はそのままに、掛け紙を2018年度バージョンに変更。またご好評いただいた赤白青の「トリコロールひょうちゃん」も、今季のユニフォームデザインに、選手の名前と直筆の背番号をプリントしたバージョンとコラボ各社の名前が書かれたバージョンに。どのひょうちゃんが入っているかは、お弁当を開けてみてのお楽しみです。

 さらに、4月8日(日)の今季初の日産スタジアム開催の試合では、掛け紙が扇原貴宏選手と天野純選手とのコラボ限定パッケージに変身し、「TaKaBento 4.8」として販売いたします。今季もF・マリノス愛の詰まった「日産スタジアム炒飯弁当」を食べて、横浜F・マリノスの試合観戦をお楽しみください。

■製品内容   
●名称  「日産スタジアム炒飯弁当」 
価格    税込1,050円 
販売日   2018年4月15日(日)~通年 日産スタジアム横浜F・マリノス戦(J1リーグ)
販売数量  1,000食/試合(予定) ※選手カードは付きません。 

●名称  「TaKaBento 4.8」(中身は「日産スタジアム炒飯弁当」)  
価格    税込1,050円 
販売日   2018年4月8日(日) 横浜F・マリノス VS 川崎フロンターレ(16:00キックオフ)  
販売数量  限定1,500食(予定)※お一人様3個まで/選手カード付
※4月8日(日)は「TaKaBento 4.8」のみ販売
販売店舗  共に日産スタジアム(横浜市港北区小机町3300)の崎陽軒催事店舗(スタジアム外)  

■製品写真 「日産スタジアム炒飯弁当」
4月15日(日)以降は横浜F・マリノス選手の集合写真入り掛け紙になります。

●4月8日(日)限定企画
「TaKaBento4.8」に白いキャップ「当たりひょうちゃん」封入!!

 

1,500個中、20個に白いキャップのひょうちゃんを封入します。
当たった方には、扇原選手または天野選手のサイン入りひょうちゃんをプレゼント。


応募要項
「お名前(フリガナ)」、「ご住所」、「お電話番号」を明記のうえ、白色キャップのみを下記住所まで郵送いただくと、崎陽軒よりサイン入りひょうちゃんをお送りします。(ご応募に関する送料はお客様ご負担となります)
〒220-0011 横浜市西区高島2丁目12番6号 ㈱崎陽軒 広報・マーケティング部 トリコロールひょうちゃんプレゼント係 行
応募締切:2018年4月22日(日)当日消印有効

●通年販売
選手本人が描いた(※)今季限定ひょうちゃんを封入!!
「赤」キャップに「白」ボディ、「青」のプリントを施したトリコロールカラーのひょうちゃんが、2018年限定デザインにて登場。
今季のユニフォームデザインに、選手の名前と選手直筆の背番号、コラボ各社の名前のいずれかのプリントが入ったひょうちゃんがもれなくお弁当に入ります。どの背番号、柄が入っているかは、開けてみてのお楽しみ。

※選手が背番号を描く様子は横浜ウォーカー春・GW号にて掲載中

 


▼天野純選手のひょうちゃん ほかにもF・マリノス選手直筆の背番号、コラボ各社の名前をプリント!

(ムック情報) 『崎陽軒Walker(崎陽軒ウォーカー)』
2018年4月に崎陽軒が、横浜の地で1908年に創業してから110周年、1928年に横浜名物シウマイが誕生してから90周年という二つの節目の年を同時に迎えることを記念し、刊行された「崎陽軒Walker」。
横浜名物として、おみやげや家庭の食卓で多くの方に親しまれている「シウマイ」の秘密や、日本一売れている駅弁と言われる横浜市民のソウルフード「シウマイ弁当」のおいしさの秘密を徹底解剖。崎陽軒愛がまるごと詰まった保存版の一冊です。

定価(本体920円+税)
発売日:2018年3月30日(金)
出版社:株式会社KADOKAWA
販売場所:神奈川県内を中心とした各書店及びネット書店、コンビニエンスストア、崎陽軒一部店舗
https://www.kadokawa.co.jp/product/321710000669/
 株式会社KADOKAWAファンタジア文庫より刊行中の大人気シリーズ『キミと僕との最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』の第4巻が4月20日発売となります。その発売を記念し、著者書き下ろし台本によるスペシャルオーディオドラマを公開致します!!  『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』スペシャルオーディオドラマは、
こちらからご視聴頂けます⇒https://www.youtube.com/watch?v=mdycLYSumuk


 出演者には、帝国最強の剣士イスカ役に小林裕介さん、イスカのライバルで敵国の魔女アリスリーゼ役に雨宮天さんを迎え、中立都市のカップルフェスティバルで特別な時間を過ごす二人の姿をお楽しみ頂けます!

 また、※ドラゴンマガジン7月号では出演者の寄せ書きサイン色紙を貰える読者プレゼント企画も実施致します。ドラゴンマガジン7月号を買って是非ご応募ください!
※ドラゴンマガジン7月号の発売日は5月19日(土)です。また、この号より『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』の短編連載も開始します。

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』
1~3巻好評発売中!
最新4巻4月20日発売予定!

 

著:細音啓
イラスト:猫鍋蒼

あらすじ:
「降伏しろ」「降伏なさい」帝国最強の剣士イスカ。皇庁が誇る魔女アリス。
二大国が激突する戦場で二人は出会い、共鳴しながらも敵対する。追い求める理想の世界のために。細音啓、渾身のヒロイックファンタジー!

「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」特集サイト
http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201705kimitoboku/
KADOKAWAオフィシャルサイト書誌サイト
https://www.kadokawa.co.jp/product/321707001015/

 

『勉強法 教養講座「情報分析とは何か」 』佐藤 優
『中国新興企業の正体』沈 才彬
『科学的に人間関係をよくする方法』 堀田秀吾
『心を折る上司』見波利幸
『定年後不安 人生100年時代の生き方』大杉 潤
『逃げ出す勇気 自分で自分を傷つけてしまう前に』ゆうきゆう
発行:株式会社KADOKAWA 体裁:新書判 ※地域により発売日が前後する場合があります。

【各作品概要】



『勉強法 教養講座「情報分析とは何か」 』
動乱する世界の中、<情報>の洪水に溺れずに生きるためには、インテリジェンスが必要となる。その基礎から解説し、物事の全体像をつかむ知性をいかに身に付けるか、その勉強法を具体的に示した講義録。





[著者プロフィール] 佐藤優(さとう・まさる)
作家・元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、以降東京拘置所に512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し、外務省を失職。05年に発表した『国家の罠』(新潮文庫)で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌06年には『自壊する帝国』(新潮文庫)で第5回新潮ドキュメント賞、07年第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『獄中記』(岩波現代文庫)、『宗教改革の物語』(角川書店)、『帝国の時代をどう生きるか』『国家の攻防/興亡』『『資本論』の核心』『日露外交』(角川新書)、『復権するマルクス』(的場昭弘氏との共著、角川新書)など著書多数。

定価:本体820円+税 / 頁数:256ページ
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321709000044/
 



『中国新興企業の正体』
配車アプリ、シェア自転車、出前サイト、民泊……中国で誕生したニューエコノミー分野の新企業は、今や世界最大規模にまで急成長している。スマホ決済を媒介に進化を遂げる中国ニュービジネスの最前線を追った。





[著者プロフィール]  沈才彬(しん・さいひん)
多摩大学大学院フェロー。(株)中国ビジネス研究所代表、中国ビジネスフォーラム代表。1944年中国江蘇省海門市生まれ。81年中国社会科学院大学院修士課程修了、同大学院講師。84年から東京大学客員研究員、早稲田大学客員研究員、中国社会科学院大学院助教授、お茶の水女子大学客員研究員、一橋大学客員研究員を歴任。93年三井物産戦略研究所主任研究員、2001年同研究所中国経済センター長を経て、08年4月多摩大学・同大学院教授。15年4月より現職。主な兼職に、08年~09年国土交通省観光立国推進戦略会議WG委員、14年3月~16年2月武田薬品工業アドバイザー。主な著書に『中国の越えがたい「9つの壁」』『大研究! 中国共産党』(共に角川新書)、『「今の中国」がわかる本』(知的生きかた文庫)、『検証 中国爆食経済』(時事通信出版局)、『中国経済の真実』(アートデイズ)など。

定価:本体940円+税 / 頁数:328ページ
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321708000008/
 



『科学的に人間関係をよくする方法』
信頼を得るのに科学の力を借りてみませんか。世界の科学誌などに掲載されたエビデンスのあるコミュニケーション法を紹介。「褒めるときは人づてに」「ツンデレ会話で魅力度UP」など、今日から使えるノウハウ満載!





[著者プロフィール] 堀田秀吾(ほった・しゅうご)
1968年、熊本県生まれ。明治大学法学部教授。シカゴ大学大学院言語学部博士課程、ヨーク大学ロースクール修士課程修了、同博士課程単位取得満期退学。言語学博士。立命館大学准教授、明治大学准教授などを経て、2010年より現職。専門は司法におけるコミュニケーション分析。言語学、法学、社会心理学などのさまざまな分野を横断した研究を展開している。著書に『科学的に元気になる方法集めました』(文響社)、『絶妙な存在感の出し方』(大和書房)、『なぜ、あの人の頼みは聞いてしまうのか?』(ちくま新書)、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』(共著、新潮文庫)など多数。

定価:本体840円+税 / 頁数:232ページ
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321711000179/
 




『心を折る上司』
管理するのが上司の仕事――その固定観念が部下のやる気をそいでいます。上司に求められているのはむしろ「育成」。部下一人一人の将来像を共有しながら、育てていくこと。本物のマネージャーになる方法を伝えます。




[著者プロフィール]  見波利幸(みなみ・としゆき)
1961年、東京都生まれ。メンタルヘルス主席研究員、シニア産業カウンセラー。外資系コンピュータメーカーなどを経て、98年に野村総合研究所に入社。現在キヤノングループのエディフィストラーニングで、コンサルティングや研修、およびカウンセリングを行っている。メンタルヘルスの黎明期より、1日研修を実施するなど、日本のメンタルヘルス研修の草分け的な存在。2015年、一般社団法人 日本メンタルヘルス講師認定協会代表理事に就任。主な著書に『心が折れる職場』『上司が壊す職場』(ともに日経プレミアシリーズ)、『やめる勇気』(朝日新聞出版)などがある。

定価:本体800円+税 / 頁数:240ページ
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321710000156/
 



『定年後不安 人生100年時代の生き方』
会社員のまま過ごしていれば安定は得られるが、それも65歳まで。ならばよく言う「現役で働き続ける」ことは本当にできるのか。57歳で退職した著者が伝える具体的な方法論と解決策、トリプルキャリアの考え方。





[著者プロフィール] 大杉潤(おおすぎ・じゅん)
1958年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。日本興業銀行(現みずほ銀行)に22年間勤務した後、新銀行東京の創業メンバーに。人材関連会社およびメーカーの人事責任者を経て、2015年よりコンサルタント、研修講師として活動。株式会社HRインスティテュート・アライアンスパートナー。著書に『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』(キノブックス)がある。
WEBサイト:http://jun-ohsugi.com

定価:本体820円+税 / 頁数:248ページ
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321711000161/
 



『逃げ出す勇気 自分で自分を傷つけてしまう前に』
本書で言うところの「逃げ出す」は決してネガティブな意味ではありません。一旦引いて戦局を見直し、できるだけ傷を負わずに難局を乗り切る。そんな「戦略的撤退」という意味の「逃げ出す」極意です。





[著者プロフィール]  ゆうきゆう
精神科医・マンガ原作者・作家。東京大学医学部卒業。ゆうメンタルクリニックグループ総院長。『マンガで分かる心療内科』(少年画報社)などのマンガ作品のほか、『相手の心を絶対に話さない心理術―心理戦を勝ち抜くスーパーメソッド21』(海竜社)など100冊以上の書籍を刊行。総発行部数は300万部超。

定価:本体800円+税 / 頁数:192ページ
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321709000043/