ショッパーズ

STL講座

ifstreamの使用方法

ifstreamを使用して行単位でテキストファイルを開くサンプルです。

// コンソール アプリケーション用のエントリ ポイントの定義
//

#include "stdafx.h"

#include <string>
#include <iostream>
#include <fstream>
#include <vector>

using namespace std;

int main(int argc, char* argv[])
{
    string  fileString;
    vector<string> vec;
    char line[255];
    int count = 1;
    ifstream ifs;

    ifs.open("dameningen.csv", ios::in); // 読み取り専用で開く
    
    while( !ifs.eof() ){
        ifs.getline(line, sizeof(line));
        printf("[%03d] %s\n", count, line);
        count++;
    }

    ifs.close();

    return 0;
}
シェルスクリプト
ajax基礎
技術リンク集 2005年版
技術リンク集 2006年版
技術リンク集 2007年版
技術リンク集 2008年版
技術リンク集 2009年版
技術リンク集 2010年版
[STL] ifstreamの使用方法
[STL] CSVファイルの内容をVector配列に取り込む
[STL] テキストファイルを全て読み込む
[WTL] WTLメモ