ショッパーズ

Windows APIサンプルプログラム

インデックス

これは、Windows APIの使用方法を簡単にまとめたものです。


MSDN詳細ページ

レジストリの操作
INIファイルの操作
クリップボードの操作
現在日時を文字列で取得
ファイルの判定
ファイルサイズの取得
実行形式ファイルの判定
フォルダの作成と削除
ファイルのロックと解除
ファイルの属性設定
ボリュームラベルの設定
システム情報取得
ログインユーザ名取得
Systemのパスを取得
デスクトップのパスを取得
ファイルの列挙処理
ファイルの列挙処理(再帰)
関連付けファイルを開く
ファイルのコピーと削除
ファイルの移動
ファイルのロック
スパースファイルを作成
ファイル作成日時を取得
ファイル作成日時を設定
多階層フォルダの一括作成
設定ファイルの保存先
プロセッサの機能を取得
プロセスの同期実行
Beep音を鳴らす
大文字や小文字に揃える
Windowsの終了と再起動
キーボードの種類を取得
配列の内容を初期化
配列の内容をコピー
ポインタ有効チェック
例外を発生させる
プロセスの列挙
メモリを動的に確保
メモリを動的に確保2
メモリをお片づけする
論理ドライブを列挙
電源のステータスを取得
サスペンド状態にする

レジストリの操作
INIファイルの操作
クリップボードの操作
現在日時を文字列で取得
ファイルの判定
ファイルサイズの取得
実行形式ファイルの判定
フォルダの作成と削除
ファイルのロックと解除
ファイルの属性設定
ボリュームラベルの設定
システム情報取得
ログインユーザ名取得
Systemのパスを取得
デスクトップのパスを取得
ファイルの列挙処理
ファイルの列挙処理(再帰)
関連付けファイルを開く
ファイルのコピーと削除
ファイルの移動
ファイルのロック
スパースファイルを作成
ファイル作成日時を取得
ファイル作成日時を設定
多階層フォルダの一括作成
設定ファイルの保存先
プロセッサの機能を取得
プロセスの同期実行
Beep音を鳴らす
大文字や小文字に揃える
Windowsの終了と再起動
キーボードの種類を取得
配列の内容を初期化
配列の内容をコピー
ポインタ有効チェック
例外を発生させる
プロセスの列挙
メモリを動的に確保
メモリを動的に確保2
メモリをお片づけする
論理ドライブを列挙
電源のステータスを取得
サスペンド状態にする