ショッパーズ

ショッパーズ探検隊

キーレスエントリーの電池の交換

キーレスエントリーの概要

キーレスエントリーとは自動車の鍵をリモコンで開け閉めする機能のことです。 一般的に鍵にボタンが付いていて押すことによって鍵の操作が可能になっています。 雪で鍵穴が凍り付いているときでも使えるので非常に便利です。
この便利なキーレスエントリーですが、鍵の方はボタン電池で動いているため5年程度で寿命がやってきます。 以前は、新車に買い換える時期だったので問題なかったのですが、最近は買い替え周期が伸びた影響で電池を消耗させてしまいキーレスの機能を失ってしまった方を多く見かけます。 キーレスの電池交換はその辺の整備工場やガソリンスタンドでは通常は取り扱っておらず、説明書ではディーラーまで持っていくように書いてありますが、これだけの為にディーラーに出向くのも哀しいですよね。絶対に新車を買うように誘導されるので時間も掛かりますし…。
そこで、自力で交換してしまおうというのが今回の趣旨です。実際にキーレスの電池交換を取り扱っているサイトがいくつかあったので、それを参考にしてやってみました。自分で電池交換をして発生したトラブルの責任は負いませんので自己責任でお願いします。

写真撮影日:2007/09/13

探検隊のハイパーレビュー

準備するもの
精密ドライバー
新品の電池


今回、分解する鍵です。まずはネジを外します。


隙間にマイナスドライバーを入れて上下に動かすと開きます。


開いてみると電池と基盤が見えてきます。基盤には触れないで!


ヤマダ電機で購入してきたボタン電池(CR-1616)です。
電池の表面に型番が書いてあるので同じものを電気店などで購入します。
ちなみにCR-1616はコンビニでも普通に売っていたりします。


そっと電池を取り外して、新しい電池を入れます。
プラスとマイナスを間違えないように注意します。
電池には直接触れず、精密ドライバーとティッシュで頑張りましょう。


元に戻して、ネジを締めると完成です。
ちゃんと鍵が動作するか試してみましょう。

ヘルニア手術体験記
豪華客船「飛鳥U」
お台場 ガンダム実物大立像
貨幣博物館
夢の島熱帯植物館
夢の島(第五福竜丸展示館)
ETCシガープラグ化改造
第三のビール徹底試飲
しながわ水族館
東京メトロ副都心線
新宿御苑
秋葉原 2008年 6月
浅草寺
NHK放送博物館
秋葉原 2008年 春
舎人公園
日暮里・舎人ライナー
東京都水道歴史館
東京大学
東京ドームシティ
池袋駅周辺
印刷博物館
NTT ICC(東京)
日本橋(東京)
妙典駅周辺
櫛田神社(福岡市)
博多町家ふるさと館
天神(福岡市)
中洲(福岡市)
福岡タワー
福岡ドーム
福岡市博物館
Amazonボックスの解体方法
ウィルスセキュリティZERO
年末ジャンボ宝くじ 2007
DSテレビ
コンフォモール内灘
日本橋(大阪)
カナル型イヤフォン
キーレス電池交換
国立国会図書館
東京国立近代美術館
第20回 東京湾大華火祭
地下鉄博物館
秋葉原 2007年 夏
北国花火内灘大会 2006
北国花火金沢大会 2007
内灘町民夏まつり 2007
サッポロビール博物館
北海道大学
札幌市資料館
羊ヶ丘展望台
らーめん缶 味噌味
筑波宇宙センター(JAXA)
つくばエキスポセンター
東京ガス「ガスの科学館」
最古の客船「ドゥロス号」
金沢百番街(くつろぎ館)
金沢ビーンズ
逓信総合博物館
国分寺駅周辺
八王子駅周辺
東京国立博物館
船の科学館
日本科学未来館
国立科学博物館
秋葉原
秋葉原 2006年 夏
東京タワー
東京証券取引所
交通博物館
ANA 乗っトク使っトク
「しゃっくり」を止めたい!
「うるう秒」って何?
日本の希少な硬貨
靖国神社 (東京都)
ワンダーランド (福井県)
東尋坊 (福井県)
若狭湾 (福井県)
Z[ザイン]帝国(ザイン帝国)
メイドカフェ総覧